MENU

複数のキャッシング会社借入れのリスク、おまとめローンのメリット

一度に複数のキャッシング会社から借り入れをすることができるのでしょうか?すべての人が融資を受けれるわけではありませんが、過去の借り入れのなかで返済が出来ていなかったり、遅れていたりする方以外は融資可能になるでしょう。私達の借り入れや返済の記録は信用情報機関に保管されていますので、今までの借り入れ、返済が信用にかなうかどうかが判断されるでしょう。

 

とくに信用を著しく損ねてしまい、ブラックリストに登録されてしまったならその情報はどのキャッシング会社でも閲覧することが出来ますので、その点は気をつけなくてはいけません。もし以前に一度もキャッシング会社を利用したことのない人も複数のキャッシング会社から借り入れすることは可能ともいえますが、以前に他のキャッシング会社を利用してきちんと返済していた方のほうが信用されやすくその個人信用情報が共有されますので複数のキャッシング会社からの借り入れをすることができる可能性が高いでしょう。

 

また覚えておきたい点として、もし複数のキャッシング会社から借り入れしたときには今後新たにローンの申し込みをしたり、新しくクレジットカードを発行したいと思うときに不利になってしまうことがあるという点です。もう一つ考えておきたいのが「総量規制」です。これは国の法律の一つですが、年収の三分の一以上の金額を借り入れすることが出来ないということです。

 

たとえば300万円の年収がある人は100万円を超えて借り入れをすることができないということです。この法律は一つのキャッシング会社からの借り入れに対して決められるのでなく、複数のキャッシング会社からの借り入れを合計した額になりますので、今いくらの借り入れをしているのか、複数のキャッシング会社から借り入れを希望している場合にはそれが合計でどのくらいの額になるのかを計算しておく必要があります。しかしこの総量規制は銀行が扱うキャッシングは対象外となります。

 

つまりどれだけの額を借り入れするのかというのを決めるときに考慮するのは、この借り入れを希望している顧客が返済できる能力があるのかということです。それで複数のキャッシング会社から借り入れを希望する場合、金融機関の「コアリングシステム」によって各々のキャッシング会社が判断し融資が出来るかどうかを決定します。もちろんキャッシング会社の判断だけでなく自分自身で返済できるかどうかをきちんと計算するのは大切なことといえるでしょう。

 

なぜならキャッシング会社によっていつ返済するのか、どのように返済するのかが異なってきますので、自分自身できちんと返済計画を立て、それを把握しておく必要があるでしょう。しかしそのことを自分で行うのは難しいですので「おまとめローン」というのが商品化されています。

 

おまとめローンはどのように助けとなるのでしょうか?

「おまとめローン」というのは複数のキャッシング会社から借り入れをしている方のために商品化されたものです。複数のキャッシング会社から借り入れをしており、返済に負われていますと、返済日や返済額などを把握するのが難しくなってしまいます。

 

また悪循環として一つのキャッシング会社への返済のために他のキャッシング会社で融資を受けるということにもなってしまいかねません。それでこの「おまとめローン」によって複数のキャッシング会社からの借り入れを一つにまとめ、そのまとめたぶんを一つの金融会社に返済していくことが出来ます、

 

もしこの「おまとめローン」を活用するならそうなると、複数のキャッシング会社から借りて複雑になってしまったりたくさんの金利を払わなくてはいけないということから救われます。ですからこの「おまとめローン」は一度借りているお金をまとめますので借り換えとも呼ばれています。このメリットは

 

  • 複数のキャッシング会社からの融資を一つにしてシンプルにしたい
  • 複数のキャッシング会社からの手数料をまとめることによって安くしたい

 

など数々の理由があります。

 

キャッシングや、カードによるローンは借り入れした金額に基づいて利息と共に手数料が加算されますので、複数のキャッシング会社から融資を受けているのであれば、複数の会社に手数料を払っているわけですから、一つの会社から同じ額を借り入れしている場合よりも利息、手数料がかさみ返済するのも大変になっていきます。

 

また返済するときにうっかりしていたり、手持ちのお金がなかったために返済が遅れてしまったためのペナルティのお金を払わなくてはいけなかったり、後々の信用情報にもかかわってきます。ですうから返済するキャッシング会社をまとめるなら返済日も限定されますのでこのようなリスクを避けることにもなります。

 

もちろん自分自身できちんと複数のキャッシング会社への返済を行うことが出来たら、それに越したことはありませんが、「おまとめローン」をりようしてより簡単でシンプルな返済を行うのは知恵の道といえるでしょう。

 

  • 複数のキャッシング会社からの借り入れが出来るかどうかは信用情報での評価による
  • 借入額を増やしたいときにも適当に会社を増やしていくのでなくおまとめローンを検討
  • もし返済額をまとめるなら金利の引き下げをすることができる

 

まとめ

キャッシングをしている方は手っ取り早く複数の会社から借り入れしてしまう場合があります。避けれない場合もありますが、すぐにそうするのでなく限度額を広げてもらうことや「おまとめローン」を考慮するのが賢明でしょう。

キャッシングの掟 〜注意すべきはココ!〜

「カードが1枚あればお金が出てくるなんて最高!」この便利な点ばかりに目を留め、キャッシングの深みに嵌る過ちを犯していませんか?キャッシングカードが万能と思うその心理状態は、既に危険信号の域に達しています。お金を借りたら、当然のように返さなくてはなりません。

 

また、キャッシングには「この金額までしか借りられない」という限度額も存在します。あまりにも容易にキャッシングができてしまう為にこれらの事実を忘れてしまい、挙句の果てには「こっちに返す分をあっちから借りよう」というような自転車操業に陥ってしまうケースもあるのです。

 

キャッシングはとても便利だからこそ、ルールに則って末永く利用するに限ります。先々を見極めた返済プランに従い、返済を滞りなく行ってこその「便利なサービス」と心得ましょう。「金利はいくら?」「総額でいくらの返済?」「いつまでに完済?」これらが頭の中に整理されていますか?キャッシングは使いこなせば便利ですが、利用を誤ると人生を踏み外してしまうこともあるので要注意!

 

無利息期間のあるおすすめできるキャッシング!
アコム プロミス

▲アコムのページヘ

▲プロミスのページヘ

プロミス※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

 

よく知らない業者は避けて吉

全ての業界において、悪質な業者という存在は否めません。したがって、キャッシングというお金が絡む大切な事柄に、よく知らない業者を利用するのは絶対に止めるべきです。金利が法外であったり、規約がいい加減で不明な点が多かったりといった業者は明らかに信用に値しません。「知らなかった」では済まされない被害に出くわす前に、業者の選定は慎重に行いましょう。

 

「でも、直ぐに貸してくれるそうだから悪くないかも」といったハードルの低さもチェックポイントとしては重要です。通常は然るべき手順をしっかりと踏んで貸すお金を、「どうぞ借りてください」と言わんばかりに手続きを進める業者は限りなく怪しいと言わざるをえません。そもそもキャッシングは無担保・無保証人が原則ですが、そのような業者ではイレギュラーなルールを独自に設け、契約を急がせたりするものです。お金が絡むからこそ慎重に、よく知られた業者を利用することは保身にも繋がります。

 

キャッシング初心者、または時間に追われている時などは特に下記のことに気を付けましょう。

 

  • キャッシングカードは万能ではありません
  • 借りた金額+金利=返済金額
  • 悪徳業者の甘い誘惑には背を向けて!

 

最後に

せっかく便利なキャッシングシステムをご存じなのですから、その利用方法には細心の注意を払いましょう。自分で気を付けてさえいれば、これほど便利に資金調達可能な方法はありません。くれぐれもリスク管理を怠りなく!

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス

4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム

4.7%〜18.0% 500万円 最短即日
アイフル

4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット

3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン

4.9%〜14.5% 500万円 最短即日
更新履歴